【二人のジョンソク】♬韓国映画 観相師 感想

エメラルド
エメラルド

以前読んだインタビュー記事で、イジョンソク君が「当時は『観相』の自分の演技を見るのが苦痛なほど不満足だった」と話していたのを読んで、どんな演技だったのかずっと気になっていました。優しさを持ちながらも芯の強い、儚げな雰囲気が合っていたと思います。

【作品情報】

原題:관상 (観相) (2013 )

監督:ハン・ジェリム

キャスト:ソン・ガンホ/チョ・ジョンソク/イ・ジョンソク/イ・ジョンジェ 他

インタビュー記事

ムビコレ ソン・ガンホインタビュー≫韓国の不動の名優がトップを維持し続ける秘訣を吐露

芸能情報のホノミス ≫日々の撮影にプレッシャーも…韓服姿で臨んだイ・ジョンソクの大いなるチャレンジ

Kstyleインタビュー≫【PHOTO】チョ・ジョンソク「観相師」インタビュー中に見せた“秋の日差しのような眼差し”

視聴サイト:21年12月現在無料で視聴可能です

U-NEXTで視聴

amazon prime videoでも無料で視聴できます。(21年12月現在)

アマゾンプライムビデオで見る

観相をテーマにしたドラマで以前、ソイングクさん主演の「王の顔」というドラマを見たことがあります。
ソイングクさんの好演もあって、かなり面白く視聴したドラマだったのですが、「観相」というテーマ自体にとても惹かれるところがあり、(手相占いとか、ほくろの場所で占うとか完全に信じているわけではないのですが、好き。)ジョンソク君が出ていることもあり視聴しました。

ジョンソク君にハマってインタビュー記事など読み漁っていた頃、この映画についての自分の未熟さを語るものが多かったので、ファンとしては実際どんな演技だったのか?気になっていました。

確かに、ソンガンホさん、チョンジョンソクさん、ベテラン俳優の方との共演だけに、より自分の演技が劣って見えてしまったのかもしれませんが、今回ジョンソク君が演じたキャラクターは言葉少なく、大人しい役で、そういったキャラクターは、感情を出しまくる役より難しい中で、息子役を無難に演じていたと私は思いました。

映画の内容としては、悪者側のダイナミックな極悪さと、主人公たちの悲しく寂しい結末に、余韻の残る映画でした。結局、観相で指摘したことが当たっていたということ。主人公は自分の顔相を「大器晩成の相」と話していたのですが、こうなる運命は読めなかったのかなぁ?
義弟があそこで、感情のままに敵側に話しに行かなかったらどうなっていたのか? そう思うと辛い思いが残りました。

「観相」すること自体で言うと、「王の顔」の方がより詳しい描写で面白かったので「王の顔」の方がおすすめなのですが、2時間ちょいで見られるので、ちょちょと視聴したい方にはおすすめです。

◎その他、チョジョンソクさん・イジョンソクさんの作品を無料でみる方法をまとめています
【無料で見られる作品は?】チョジョンソク出演作品 視聴方法まとめ

【無料で見られる作品は?】イジョンソク出演作品 視聴方法まとめ

\イジョンソクさんの他の作品への感想はこちらから/

◎アマゾンでよくお買い物をする方は、プライム会員になるのがおすすめ!

アマゾンプライムおすすめ韓国ドラマ・映画【ジャンル別に紹介】見放題の作品一覧もあり!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。