【等身大の青春映画】ジュノ(2PM)・キムウビン・カンハヌル♬二十歳 感想

エメラルド
エメラルド

実際に同い年の人気の3人が出ているので視聴しました!今のほうがもちろん洗練されているけれど、みんなそんなに変わらない!

【作品情報】

原題:스물 Twenty (2015 )

脚本:イ・ビョンホン

キャスト

キム・ウビン/カン・ハヌル/ジュノ/チョン・ソミン 他

公式サイト
http://kandera.jp/sp/hatachi/index.html

インタビュー記事

K-styleインタビュー記事 ≫カン・ハヌル「映画『二十歳』出演の一番の成果はジュノとウビン2人の良い友達を得たこと」

ムビコレインタビュー記事 ≫映画「二十歳」ジュノ(2PM)のインタビュー「2PM・ジュノがお気に入りの胸キュン・ラブシーンとは?」

ほっとコリア インタビュー記事 ≫イ・ビョンホン監督インタビュー「主人公の3俳優はすぐに思い浮かびました」

視聴サイト:DVDで視聴しました。

「サニー永遠の仲間たち」の言葉の魔術師が贈る、とびきりキュートな青春グラフティ。

おとなになって出会ったものは、夢、恋 、セックス・・・そして挫折
あなたの二十歳がきっと見つかる 人生エンターテイメント!

ジュノ君の出演作品を全部見よう!としている中で、映画「二十歳」を視聴しました。

主演3人とも人気で申し分ないキャストですよね。インタビュー記事を読んで知ったのですが、実際の3人も同い年だそうです。

大ヒット作品だったようですが、実際に面白かったです。特別ではないありきたりの設定なのに、主人公が持つ夢や挫折、不安などがドラマチックに表現されていて、俳優陣の演技力や監督さんの演出がすごいなぁと感じました。

セリフには、かなり下ネタも満載で…特にキム・ウビンくんがかなりの自由人で変わったキャラクター。「sex 하자(しよう)!」とか連発 (笑)
でも、そのひょうひょうとしたぶっとんだ演技がとっても良かったです。上手だなぁ〜存在感あるなぁと思いました。

カン・ハヌルくんは純情な優等生をそのままの感じで演じていたし、

ジュノくんは貧乏な家庭で大学進学を諦める中で最後、「あぁ泣けない。泣くほどのことじゃない。」と言ってしまう言葉と演技が良かったです。泣くの我慢しているのかと思ったら、涙が出ないのね…と。

最後のまとめ方も良かったな。

3人の中ではキム・ウビンくんの演技に感心し、お米が買えないほどの生活苦でありながらも、それを受け入れ赤ちゃんのような屈託ない笑顔を見せるジュノくんにとても癒やされました。

ドラマは1作品見ると長いですが、サクッと映画でも〜という方は、是非是非!

◎DVD購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。