衛星劇場【賢い山村生活③5人揃った初めての食事は!】視聴レビュー

賢い山村生活レビューはリンクからどうぞ!

3日目の朝、ついにヨンソクが合流したところからです。
新たなゲストも加わり、楽しい山村生活です(笑)

賢い山村生活③ レビュー

ヨンソクが三食ハウスに登場し、大喜びのメンバー達。
抱き合って歓迎します。

ドラマの中で恋人役を演じたヒョンビンとのやりとりや、アウトドアが趣味という一面も見られて、とても面白い回でしたよ。

3日目の朝ごはん準備 ジョンソクの表情が?

朝ごはんは、ヒョンビンがリーダー。メニューはカレーです。

ミド:じゃがいもを剥くわ

ヒョンビン:剥かなくていいんです、オンニ

ギョンホ:どうして?

ヒョンビン:使わないから。

ミド・ギョンホ:カレーなのに?

じゃがいもは入らず、新鮮なトマトがたくさん入る特製カレーです。

かまど1号とかまど2号(ジョンソクとデミョン)は今日も定位置、せっせとかまどの火起こしです。

そこに

ヨンソク:いつまで扇いでるんだよ

ジョンソク:高度なテクニックが必要なんだ

デミョン:ヨンソクは知らないだろうけど

ヨンソク:笑

実はヨンソクはキャンプ愛好家

ヨンソク:これ持ってきたんだけど

と言って出したのは、火を点けるのに便利なキャンプ道具(火吹き棒)

警戒するジョンソク(笑)
これでフーフーしたら、あっという間に火に勢いが

スタッフ:お~

顔を見合わせるデミョンとジョンソク
ジョンソクの人間レンジの危機です。

PD:ジョンソクさんの表情が暗くなったようなんですが?

ジョンソク:その通りです。

ユンソク:え、なんで?

デミョン:2日かけて(人間レンジという)キャラ作ったのに30分で地位が崩壊…

ユンソク:火の係だったの?

このシーン、本当に面白かった!

カレーの方は、ヒョンビンをリーダーに、ギョンホ・ミドが指示を受けて順調に進行しています。
大量の野菜に、甘口辛口のカレーの素を一袋ずついれました。

味に期待!

5人揃っての初めての食事

カレーとサラダが完成し、盛り付けていよいよ5人揃っての食事

ジョンソク:絵みたいに色どりがきれい

ギョンホ:ほんとにきれいだ

いただきま〜す。

ミド:すっごく美味しい

ユンソク:美味しい!

ギョンホ:中のトマトが‥ うわ〜。

ヒョンビン:使ったのは安い韓国製のルーよ。

デミョン:東南アジア風な

ギョンホ:カレーもキムチも美味しいし、天気もいいしヨンソクも来たし、最高だな。

ヨンソク:コーヒーでも飲む?

ジョンソク:持ってきたの?

実は、バリスタの資格も持っているヨンソク。
コーヒーを淹れる道具も持ってきていました。

豆から挽いて、暑いのでアイスコーヒーを。

ポットも持参。

ここで、縁側に座る女子メンバーがあることに気づく。

ミド:靴下がなんか・・・

ヒョンビン:似てない?

二人の靴下が同じものでした。
二人は靴下が好きなようで、だから履き心地の良い靴下が同じだったようです(笑)

コーヒーも準備できたので改めて乾杯!

前借り分の畑仕事

お肉を食べた前借り分のお仕事。
今日はりんごの収穫と唐辛子に分かれて作業します。

りんご班はデミョン・ジョンソク・ミド・ギョンホ。少し遠いので車で移動です。5分ほどのドライブ。

唐辛子班はユンソクとヒョンビンのドラマカップルです。

ヨンソク:飲み物はいらないかな?

ヒョンビン:あればいいかも。

ヨンソク:持ってくるよ。

そういって戻り、暑いだろうからと水筒に氷を入れて五味子茶を準備。

ヨンソク:タオルもあったほうがいいかな。

タオルまで準備する気遣いです。

ヒョンビン:本当に気が利きますね。

一方のりんご畑は赤く色づいたりんごをハサミでちょっきん。

りんごを前にメンバーたち笑顔で収穫。唐辛子の時と違うのは、やっぱりフルーツの収穫って楽しいからかな?

デミョン:9月とは思えない暑さだな。

現在の気温28度…

ミド:日差しがきつい

暑い中4人で収穫が終わり、あとは箱を運ぶだけ…と…!!
りんごが乗ったリアカーが倒れた! 横を通ったデミョンが少し触ってしまって倒れたみたいです。

ザザ〜とりんごが箱から出て、坂をゴロゴロ。。

ジョンソク:どうしよう?

ひとまず拾って箱にもどすメンバー。
傷ついたりんご一箱分。一箱で6万ウォンとのこと。

また借金が増えてしまいました…!

スタッフ:農家の方が一生懸命育てたりんごですからね。番組で買い取ることにしました。

4人:ガーン・・・

ミド:誰も悪くないわ。

ギョンホ:誰のせいでもない。

デミョン:俺か?

ミド・ギョンホ:違う違う。

ギョンホ:ミドや、誰かのせいだ。

ミド:失笑

デミョン:・・・。

車中

デミョン:みんなごめん

メンバー:大丈夫、デミョンのせいじゃない。

デミョン:あそこで倒れるとはな

デミョンは自己嫌悪状態です。

ミド:でもすごいいいオチよね(笑)

二人目のゲスト登場

畑仕事のあとしばし休憩したメンバーたち。

デミョン:昼食はヨンソク担当か?

ミド:メニューは何にする?

ギョンホ:煮干し出汁のもやしそうめん

キムチは節約のため食べられないので、浅漬を作ります。
メニューが決定しました。

ジョンソク:いやー、ぜいたくメニューだよ。 夕飯は?

夕飯のメニューまで考えていた頃、こちらに向かう車が。

キョウル先生に続いてのゲストです。

ゲスト:心配で眠れなかったの。

スタッフ:どうしてですか?

ゲスト:なんだか緊張しちゃって

ゲスト:迷惑な顔されたら、その場で帰ろうかな?こんなところまで来るなんて…って。言われるかも。

そんな心配をして向かっているゲストは、アン先生のお母さん役!キム・ヘスクさんでした!

メンバーたちは驚きながらも大歓迎!熱烈な歓迎を受けて、嬉しそう♡

ジョンソク:座って下さい〜。

ヒョンビン:私達、これからお昼ご飯なんです。

ヘスク:これからお昼?笑

ヒョンビン:朝食を11時に食べたから…

現在の時刻夕方4時半(笑)

ヘスク:じゃあ夕飯は夜の12時?

ヒョンビン:いえ、8時前には食べないと…。

ヘスク:カップラーメンないの?

ヘスク:今日はまだ何も食べてないの。美味しいもの作ってね!

それを聞いて驚くメンバー。

(早く何か作らないと!)

デミョン:気を引き締めるぞ!

ジョンソク:デミョン、それ自分に言えよ〜。

みんないそいそと動き出す(笑)

ヘスクにりんごをふるまうヒョンビン。

ヘスク:嫁みたいね♡

ヒョンビン:笑

まるで本当の嫁と姑のような二人の姿です…。

ゲストが持ってきた品と遅いお昼ごはん

ヘスクさんがメンバーたちに食べさせようとたくさんのおかずを持ってきてくれました。

たくさんのタッパ!一番大きなタッパーにはプルコギ!が。

みんな大喜びです。

デミョン:うわー量が多い!

ジョンソク:ご飯だけ炊けばよさそう。

ヘスク:あとはチェプチェでも作ろうかと

メンバー:うわ〜〜!拍手!

それを見たヘスクオンマも嬉しそう。

ミド:一旦冷蔵庫に入れますか?

ヘスク:そうね。

ヒョンビン:冷蔵庫の中が突然豪華になるわね。

材料として買ってきたお肉はダメだけど、手作りで持ってきたくれた料理は食べてもOKみたいですね!

一方のもやしそうめんの準備は・・・?

ヨンソクが野菜を切って、出汁の準備。
見ているだけはいられないオンマが、手伝うことに。

野菜を切って行きます。さすが、慣れた手付き。
切った野菜をパクパク味見しながら料理するのが可笑しい(笑)

ここで、縁側に日が当たりすぎなのが気になるヒョンビン。

オンマを気遣い

ヒョンビン:直射日光当たりすぎませんか?

ヘスク:少し下がれば大丈夫よ。

ヒョンビン:日よけがあればいいのに…。

ジョンソクとギョンホが日よけの準備。
シートを出してきますがここで大笑い。

大きなシートなので、日よけというより、カーテンのように覆ってしまいました。

ヘスクオンマが全く見えない状態に…(爆)

ヘスク:ちょっとやめてよ!(笑)

ヘスク:ここまでされたくないわ。

スタッフも大笑い。

カーテン(シート)をすぐに撤収し、ミドが帽子を用意して事なきを得ました。

出汁の煮干しを炒るヨンソク。そこにヘスクオンマが様子を見に来ます。

ヘスク:ワタは取った?

ヨンソク:そういうシーンあったな(笑)

ありましたよね!!

ヨンソク:とれてるやつじゃ?

ヘスク:取れてないわよ。私がやるわ。

といって、煮干しのワタを取ります。

もやしそうめんのもやしは、家の中で育てていたもやしを使います。

きれに洗って、釜で一気に茹でます。しゃきしゃきして美味しそう。

オンマとヨンソクが調理している姿を見てジョンソクが

ジョンソク:なんだかヨンソクの家に遊びに来たみたい。

ヘスク:ドラマの中の実家にね。

その他、白菜の浅漬をつくり、美味しそうなもやしそうめんで、遅いお昼ごはん〜。

ヒョンビン:なんだかんだで完成するわね。

ミド:ほんとに不思議。

女優人生で初めて?

マッコリで乾杯しながら食事が始まりました。

ジョンソク:ロサさん(ドラマの中の名前)とヨンソクが作ったご飯!

メンバー達:かんぱい〜。

ギョンホ:顔で「上手い!」を表現。

ヘスク:汁が美味しい。

ヨンソク:汁が上手くて、止まらない。

デミョン:ベトナムのフォーが好きなんだけど、似ていて美味しい。

ヘスク:ドラマの中のジョンウォンとキョウル、母親の私がいなかったらどうなってたのかしら?

ジョンウォンは神父になっていたでしょうね。

ヘスク:それなのにあの変わり様・・・。

ギョンホ:なんですか?

ヘスク:恋人になった途端、キスばっかり。(笑)あそこまでする?

デミョン:カニ食べてる途中でチュ~したり。

しばし二人の話に花が咲きます。
二人は気まずそう・・・(笑)

なんと!今夜は賢い医師生活2放送の日だそうで。

ヨンソク:今夜の放送で二人がキスするんじゃないの?

とジョンソクとミドに話をふります。
今度はこちらが動揺(笑)

さらにデミョンのキスシーンまで話が飛んでおかしかった。

実は撮影最後の日にヘスクさんとメンバー達は会えなかったとのこと。

ヘスク:泣かないように我慢したんだけど、子供みたいに泣いたわ。

ギョンホ:僕は幼稚園生みたいに泣きました。

ジョンソク:お前は小学生くらいだったよ。幼稚園児はこいつ。

といって指したのはデミョン。
小さな子供のように大泣きしたというデミョンです。

ヘスク:わたしドラマの撮影が終わって泣いたの初めてだった。

ギョンホ:え!初めて?

みんな驚いています。

女優生活47年で初めてだそうです。

それだけ楽しい現場だったのですね〜。

いい話が聞けました。

パーティーのような豪華な夕ご飯

夜の放送を見るために、夕飯を早めに食べよう。とメンバー、

今時刻は午後6時半〜。さっき昼ごはんを食べ終えたところなのに(笑)

オンマが持ってきてくれたプルコギがメインなのでご飯を炊いて、チャプチェを作ります。

春雨まで持ってきたヘスクさん。みんなに食べさせたかったとのことです。

一方、ヨンソクが何か始めるようです。

なんと、テーブル作り。

今までちゃぶ台を2つ置いて食事をしていましたが、みんなで食べられる大きなテーブルを作ると言います。

アウトドアやバリスタ、日曜大工までなんでもこなすヨンソク。

多趣味ですね〜。

ヘスクさんは相変わらず食材の味見をしながらの調理。

人参、じゃがいも、玉ねぎ、きくらげ、きのこ、ほうれん草、沢山の具材が入ります。

ミド:チャプチェはやることが多くて大変。

ヘスク:それでも今日は5人が揃うから特別な料理を作ってあげたくて。チャプチェがあるとなんかお祝いの気分になるから。

チャプチェができたらプルコギを焼くだけ!

冷蔵庫から出してきた大きなタッパー。

すごい量〜。

味を染みさせるために前夜から作ったそう。一日寝かせたプルコギ、美味しそうすぎる!

ヨンソクのテーブルも完成していました。

1時間ほどで7人座れるテーブルができました。すごい!

できた料理をテーブルに運ぶヒョンビン

ヒョンビン:ご馳走ね!

ヨンソク:このテーブルが無かったら大変だったな。

いよいよすべての準備が整いました。

ヘスクさんが買ってきてくれたワインを開けて、いただきま〜す!

美味しい美味しいと食事を囲むメンバー達に、本当に癒やされます。

ヘスクさん手作りのチャプチェもプルコギも本当に美味しそう。愛情たっぷり手作りの味なんだろうなぁ。

ギョンホ:プルコギ、本当最高。

ジョンソク:プルコギをご飯に載せて。

ヘスク:たくさん食べてね。

喜ぶみんなを見て、

ヘスク:みんなを見てると本当に幸せだわ。

ミド:来てくださって嬉しいです。会いたかったです。

ヘスク:もう当分会えないと思っていたから。

最終日の話しなどに花を咲かせていると、そういえば賢い医師生活放送時間がそろそろ?

というわけで、いそいでごちそうさまをして片付けて・・・。

テレビの前に集合〜。

まとめ

ヨンソクにヘスクさんも合流して、撮影最終日の秘話も聞けたのは良かったです。本当に良い作品、良い現場、素晴らしいメンバーだったのだなって、感慨深くもなりました。

◎アンテナがなくても、衛星劇場はスマホだけで見られます。【あの5人に会いたい!『賢い山村生活』】視聴方法を詳しく解説

スカパー申込み » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。