韓国語勉強【上達しない人必見】アウトプット多めがコツ

一通りテキストを終えて単語や文法を学んだけれどちっとも話せるようにならないし、韓国語が聞き取れるようにならない!

という悩みを持っている人、多いと思います。

ここでは「話せるようになるにはどうしたらいい?」という問題について、韓国語を勉強して話せるようになった私の体験談を紹介していきます。

「勉強を続けているけれど話せるようにならない。」という人はぜひ読み進めてみて下さい。

ちなみに、聞き取りは話せるようになるとそれに比例して伸びてきますので(話せる言葉が聞こえる)話せるようになることを目標にしましょう。

韓国語が話せるようになる勉強法

恐らく、「テキストのみで勉強してきた、あるいは韓国ドラマを聞いて、覚えようとしている」などの方はアウトプットが足りてないせいで上達していないです。

韓国語勉強をする方の多くは、「話せること」が目標だと思います。

韓国語が読めればいい。というのであればテキストでの勉強でいいですが、韓国人とコミュニケーションが取れるようになりたいなら、テキスト勉強に加えて勉強内容のアウトプットが必要です

韓国語のアウトプット方法

アウトプットが必要といっても、勉強を始めたばかりの人にとって「アウトプット=韓国人と話す」は難易度が高いですよね。

そこで、レベルに適したアウトプット法を順番にご紹介します。

私も自分なりに考えてやってみたこの方法で、日常会話は困らないくらい話せるようになりましたので、参考になるかと思います。

初歩のテキストを進めている(初心者)→STEP1へ
初歩のテキストを終え、語彙や文法も増えてきた(初級)→STEP2へ
短い簡単な文章なら話せる(初級~中級)→STEP3へ

STEP1:初心者向け【韓国語でひたすら作文添削】

初歩のテキストを始めている方は、テキストを進めながらの作文添削がオススメです。

作文添削というのは、「簡単な文章を作って書いて→先生に添削してもらう」という勉強方法。

テキストで学んだ文法や単語を、自分なりにアレンジして短い文章にする。を繰り返すことで、テキストだけでの勉強より、話せるようになるのが早いです。

また、文章にする時は口に出しながらがより効果的です

例)これは大根です。 という文章を勉強したら、「大根」を「ねぎ」「たまねぎ」に変えたり、「これは」を「あれは」に変えたり、または否定文にしたりといくつも文章を作ってみます。必ず文章は口に出して言ってみて下さいね。

添削には、メールやLINEで添削してもらえるサービスがあるので、積極的に活用してみると良いです。

私の場合、一番最初に使ったテキストに90日間のメールサポートがついていたので、それを利用して毎日のように作文添削していました。

作文添削については、別記事で詳しくまとめているので参考にしてみて下さい。

韓国語添削サービス厳選4つ【添削ノートも公開】効果的な理由を解説

STEP2:初歩から初級者【チャットを打ち込んの会話】

少しづつ語彙が増えてきた方で、短い簡単な作文なら辞書などを見ながらさっと作れるようになってきた方にオススメなのが、チャットを利用した会話練習です。

チャットはどこでするか?というと、無料の語学アプリを利用します。

調べればいくつかありますが、代表的なもので「tandem(タンデム)」「Hello, talk(ハロートーク)」があります。

韓国語アプリおすすめ10選【単語・会話・リスニング・辞書別に紹介】無料で学習できる!

私の場合、作文添削を続けていたものの直接の会話はまだ自信がなかったので利用してみたのですが、チャットなので調べながら書けるのと、同じように語学を勉強している方とお話しできるのはとてもよい刺激になりました。

また、自分の言いたいこと(書きたいこと)を作文するのとは違い、相手の話を聞く(読む)、相手からの質問に答える、など準備していない言葉を使う練習にもなります。

新たな語彙を増やす機会にもなりますので、とてもよい勉強法だったと思います。

ちなみに私は「tandem(タンデム)」の利用です。

別記事でtandemの体験談を書いているので、気になる方は読んでみて下さい☆

チャットで韓国語勉強 【tandemは勉強になる?】会話練習の前に私が使った体験談

STEP3:初級〜中級者【スカイプでの会話練習】

中級者と言わず、早いうちから話す機会を作るのが理想ですが、私の場合は簡単な自己紹介や、それに対する質問への答えなどができる程度に話せる段階で始めました。

冒頭では【スカイプでの】と書きましたが、オンラインレッスンにこだわる必要はありません。

近くに韓国語教室があればそこへ通ったり、勉強相手になってくれる韓国人がいれば会話相手になってもらってどんどん話してみましょう。

最近はコロナの関係もあり、オンラインレッスンサービスも増えています。

予算や予約の取りやすさ、先生の雰囲気など、自分に合うポイントで選んでみて下さい。

無料体験をしているスクールがほとんどかと思いますのでレッスンのイメージを掴むためにも、利用してみて下さい☆

一番初めのレッスンは緊張するかと思いますが、ほとんどの先生は日本語がペラペラなので心配はいりません。

逆に、日本語ぺらぺらだからと、先生の日本語に頼りすぎないようにすることも大事ですね!

レッスンではなるべく日本語を使わず、自分の知っている韓国語を使うことを心がけてみて下さい。

私が利用しているのはKアカデミーです!

オンライン韓国語レッスン【Kアカデミー3年目の体験談】skypeで楽しく会話

韓国語オンラインスクール

上でKアカデミーを紹介しましたが、他のオンラインスクールについてもご紹介します。


私は体験レッスンでKアカデミー以外のサービスを利用したことがありますが、当時は先生の質などは(私のレベルが低かったこともあり)分からず、スクールの決め手はレッスンのコマ数とか金額とかそういう点でした。

どこのサービスでも、先生の質に大きな差はないのかな?と思っていますが、是非いろいろ体験してみて下さい。

おわりに

楽譜が読めてもピアノが弾けないように、ルールを覚えても野球ができないように、語学もテキストで勉強しただけでは話せるようになりません。

覚えたら口に出す。また覚える。を繰り返して習慣になるくらいコツコツアウトプットすることが、話せるようになる近道です。

話せるようになると、聞こえる言葉も多くなります。是非今日から、アウトプット多めの勉強に切り替えて韓国語勉強をしてみて下さい!

きっと手応えを感じると思います\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。