オンライン韓国語レッスン【Kアカデミー3年目の体験談】skypeで楽しく会話

Kアカデミーを利用しているわたしの体験談

kアカデミー

語学を習得する最短コースは、「その国に行き実際に生活しながら身につけること」だと思います。

しかし、大半の人は仕事や家族、お金の問題などで気軽に留学などできないので、自国で語学を勉強することになるわけです。

実際わたしも、ハングルや韓国語の基本を学び終えた後、いよいよ会話の練習に移ろう!と思った時、語学教室に通うか?you tubeなどを見てお金を掛けずに一人で勉強するか?など考えた時期がありました。

当時2歳の子供がいたわたしは、子供を預けて語学教室に出かけるという選択肢がなかったこともあり、自宅で好きな時間にレッスンが受けられるskypeでのレッスンというものがあることを知り、興味を持ちました。


身近に韓国語を話す友人やご近所さんがいないわたしにとって、本当に初めの一歩となる会話のレッスン。インターネットで探してみると、いろいろなサイトがあることが分かりました。

このページに来られた方も、当時のわたしのように

初心者でも会話が成り立つのか心配

たくさんあるサービスの中でどこがいいのか?悩んでしまう

どんなレッスンができるのか具体的にわからない

などと悩んでいらっしゃると思います。


このページは、実際会話の初歩レベルでレッスンをスタートして、日常会話ができるようになったわたしの記録が、どなたかの役に立てればと思い、記したものです。
(2022年3月現在、kアカデミーでのレッスンは進行形です。一緒に頑張りましょう!)

Kアカデミーを選んだ理由と満足しているポイント

たくさんのオンラインレッスンサイトがある中で、わたしがkアカデミーを選んだ利用は簡単でした。

それは、

Kアカデミーの料金体系が分かりやすかったから

講師によってレッスン料が違う他のサイトと違い、月謝制で月何コマと決まっている中で予約を入れて行くので、先生選びも楽!

他のサイトと比べてこれは分かりやすい。と決定打となりました。ちなみにわたしは月7コマのプランです。

もちろん、2回の無料体験も受けましたが、(他社の無料体験も)まだ超初心者だったので、先生の質とかそういったことは分かるレベルではありませんでした。

料金体系でほとんど決めたkアカデミーですが、利用していてとても満足しています。

レッスンを始めてもうすぐ3年目に入るのですから、レッスン内容に満足していなければ続いていないですよね。
もちろん、習い事にも相性があるので、良い点・悪い点は個人で異なると思いますが、わたしが満足している点について3つのポイントを紹介してみますね。

①先生毎のカリキュラムが面白い

約3年間、たくさんの先生とレッスンをしてきました。
どの先生方も指導歴や経験が豊富、日本語も上手で、その先生毎のカリキュラムがあって素晴らしいと感じます。


中にはフリートークが中心の先生もいらっしゃいますが、独自の資料をレッスン前に送って下さって、予習してレッスンに挑むケースも多くあります。
(どんなレッスンをしたか?については下の方でまとめていますので、読んでみてくださいね)

②レッスン後のフィードバックで復習できる

レッスン後、先生から登録したメール宛にフィードバックが届きます。
レッスン中にチャットを使った場合、そこに残った内容も大切な資料になりますが、改めて要点をまとめたものを送ってもらえるので、復習するのに役立ちます。(Kアカデミーでフィードバックは規則になっているようなので、どの先生でも必ず送られてきます。)

先生によってはメールのフィードバック以外に個人でスカイプの方に音声ファイルなど送ってくださる場合もあります。

③事務局の対応が早い

レッスンのキャンセルは極力控えたいと思っていても、突然の用事や体調不良でレッスン直前にお休みしたい場合もあるかと思います。

わたしも子供の急な発熱などで、当日キャンセルをしたいことがあったのですが、skypeで事務局へキャンセルの旨を連絡した際、すぐに返信していただけて、ホッとしました。

このように、先生と直接やりとりしなくても事務的なことは日本語でやり取りでき、対応が早いのは嬉しいポイントです

↓当時の連絡内容

どんなレッスンをしてきたか?

最初で少し触れましたが、先生方はみな日本語がペラペラで、指導経験が豊富な方ばかりだと感じています

Kアカデミーのサイトにもカリキュラムのテキストが掲載されているのですが(一例を下に載せました)

先生方はオリジナルのカリキュラムを持っており、それに沿った指導や、生徒のしたい内容に合わせたレッスンをして下さいます。

参考までに今までわたしがしてきたレッスン内容で、覚えている限りを簡単に紹介すると

・フリートーク

・Kアカデミーのテキストを使ってのテーマ別ディスカッション(下に載せました)

・韓国ドラマを見ながらの学習

・写真説明(写真やイラストを見て、韓国語で説明する)

・記事読み(韓国語のニュースやコラムを読んで、レッスン時に記事の内容について意見を交わす)

・文法(先生独自のカリキュラムだったり、先生がお持ちのテキストからだったり)

・絵本翻訳(家にある絵本を使って日本語から韓国語に翻訳→先生が添削)

・日本語字幕がない好きな俳優さんや歌手のインタビュー(you tube)を見て訳す

・韓国語の絵本を読んで、イントネーションや発音のチェック

・韓国の(マナーなどの)公共ポスターを見て、ポスターが訴えている内容や、それについての意見交換

など、自分からこれがやりたいとお願いしたレッスンもあれば、先生がわたしに合うように選んでくださった内容もあります。
わたしは比較的、「こういうレッスンがしたい。」というのがあるので、伝えるようにしています。


下はkアカデミーサイトにあるテキスト「テーマ別ディスカッション」からの一例。40のテーマに分かれて、レッスンにも使用でき、わたしも初歩の頃、一通りこれを使ってレッスンをしました。リンクから全て見られます。

韓国ドラマを見ながらのレッスンは、会話がとても速いので難しかったですが、好きなドラマや俳優さんを見られるのは楽しいですね。

ドラマよりも、インタビューなど公式な場でのものだと聞き取りやすさが上がるのでおすすめです。

日本語字幕があるものを、正式な韓国語で書き出すレッスンも楽しかったです。

(わたしがやりたいと言ったのですが、exoのベッキョンさんが一問一答しているyou tubeで勉強しました。)


≫You tube【ベッキョン一問一答】vol.1で韓国語勉強

≫You tube【ベッキョン一問一答】vol.2 で韓国語勉強

力になったなぁと思ったのは記事読みレッスン

前もって予習をする→レッスンで先生と意見の交換をすることで、「インプットとアウトプット」の両方できるのがいいです。さらに復習すれば完璧です。

フリートークは、もちろん話すためには大切なレッスンですが、自分の知っている言葉で話すことになるのでただフリートークをしただけでは実力が上がっていかないかな?と思います。

アウトプットも大切ですが、インプットとアウトプットの繰り返しが上達への道かな?と考えています。

作文添削レッスンについて

わりと最近始まった、作文添削をしてもらえるレッスンを受講してみました。
会話と違う、書く(または読む)などに特化したレッスンを希望する場合、1000文字まで1レッスンで受講可能です。実際わたしが利用してみた感想は下の記事から!

Kアカデミーで韓国語【作文添削レッスン】 使い方と使ってみた感想



どんなレベルで始めたらいいか?

全くの初心者の方で、ハングルも読めない。という方向けに「ハングルの読み書きレッスン」というカリキュラムもあるようですが、

わたし個人の意見としてはハングルの読み書き、基本の挨拶や自己紹介程度ができるくらいから始めるのが良いかと思います。

せっかくネイティブの先生との会話の機会ですので、「たくさん話す」ために、あらかじめのインプットは必要です。


レッスンに費やす時間やお金を有効に使うためにも、話すことにレッスンを使うことが上達への道だと思います。

ちなみに、わたしはkアカデミーで会話のレッスンを始める前は、「韓国語光速インストール学習法」というテキストでハングルから基本の文法までみっちり学習しています。

多少の投資をしても、上達したい!話せるようになりたい!と強い意思のある方には、おすすめできる教材です。

◎実際のわたしが使ってみた感想を別のページで書いているので、興味のあるかたは下の記事を読んでみて下さい

韓国語初心者に一押しテキスト【これだけで大丈夫!】光速インストール学習法


値段は高い?安い?

わたしが利用しているのは月7コマで10,670円のコースです。

高いか安いかと言われれば、もっと安くレッスンを提供しているサービスがあると思いますが、サービス、先生の質、レッスンが楽しいか?韓国語が上達しているか?で見た時にどれも納得できているので、高すぎるとは思っていません。



その他の料金プランはこちら

先生の上手な選び方

先生

勉強が楽しくなったり、自信がなくなったり。は先生によるところも大きいです。
Kアカデミーの先生方はみんな教える意欲が大きく、人柄も良い方が多いです。


もちろん、わたしにも、この先生とは合わないな・・・。と
一度のレッスンで二度とお会いしていない先生も何人かいるのですが、たくさんの先生が在籍されているので安心です。

わたしは初めての先生を選ぶときにプロフィールをよく読みますが、先生の指導歴よりも住んでいる場所や趣味、などから興味を持って選ぶことが多いです。


韓国人の先生でも、日本含め海外に住んでいらっしゃる先生も多いですし、趣味などが同じであればフリートークで会話が盛り上がるかもしれません。


わたしは子供がいるので、子育て中の先生ですと韓国との子育ての違いや主婦のならではの話をよくします。
もちろん、ビジネスで仕事を使っていきたい方にとっては、先生の職歴などから選ぶのもいいかもしれません。

皆さんにも、「この先生と次もレッスンしたい!」という先生が必ず見つかると思います。


長く続けていると、先生も休職されたり、レッスンをされる時間帯が変わってしまったり。と、受けたくても受けられない状況も出てくるのですが、そういう時は新たな先生と出会うチャンスと思って、いろいろな先生とお話ししてみて下さい。

Kアカデミーでどんなレッスンができるのか、少し想像できましたでしょうか?
わたしもまだまだ勉強中の身ですが、どなたかの参考になれば幸いです。


一緒に韓国語勉強を頑張りましょう!! ファイティン!

◎無料体験が2回利用できます!利用して見てくださいね

Kアカデミー公式サイトはこちら

韓国語光速インストール学習法【初心者の独学におすすめ】質問し放題! 韓国語添削サービス厳選4つ【添削ノートも公開】効果的な理由を解説


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。