チャットで韓国語勉強 アプリ【ドキドキ郵便箱】使ってみた私の体験談

初心者にはチャットやメッセージがおすすめ

韓国語勉強を始めて間もない頃のわたしは、話さなければ上手くなれないのは分かっているけれど、韓国人と会話するのに全く自信がなく、どのように会話に慣れて実践していくか?と悩んでいる時期がありました。


いきなり会話のレッスンをするのが怖かったわたしは、チャットで会話をしてみるのはどうかな?と勉強の場を探してみました。

・チャットなら調べながら送信できる!

・誰かに会って、会話するのはまだあまりにも無理。

こんな理由から、チャットで会話ならなんとかなりそうだと思ったのが理由です。

そんなわたしが実際体験してみて面白かった(ここ重要!)、携帯アプリ【ドキドキ郵便箱】について、
どんな風に勉強になったのか?どんな面白さがあったか?ご紹介したいと思います。

韓国語を1からしっかり学びたい方には、こちらの記事がおすすめです。独学なのに独学でない。モチベーションを維持しながら楽しく勉強できます。

韓国語光速インストール学習法【初心者の独学におすすめ】質問し放題!

ドキドキ郵便箱とは?

ドキドキ郵便箱は、語学アプリと違って「勉強」のためでなく、世界に友達を作る、文通相手を見つけるための人と人の出会いのアプリです。以下アプリの紹介から抜粋です。

引用元 ドキドキ郵便箱アプリ説明

わたしは上から3番目にあるように韓国語の勉強のために、韓国語で話しをする機会をつくるために始めてみたのですが、これがなかなか面白いんです。

韓国語レッスンで韓国人の先生と会話するのとも違く、日本語を勉強している韓国人とする、
言語交換での会話とも違う。どこの誰か、顔も名前も分からない韓国人と、一時の会話を交わす
というのがとてもワクワクし、ドキドキし、そして韓国語の生きた勉強にもなりました。

実際わたしはずっと継続して利用しているわけではなく(できない理由あり。後述します。)
勉強しようかな?会話してみようかな?という度にアプリをインストールしてその都度、その場限りの会話を楽しんでいます。

利用の仕方

ドキドキ郵便箱では、書いた手紙を海外に送るか、国内に送るか最初に選ぶことができます。
わたしは韓国人と会話したかったので、迷わず「海外に送る」にチェックして、韓国語で手紙を送りました。

自分の手紙は「海外に送る」ものの、誰かから来る手紙は「海外のみ」を選ぶことはできません。
後ほど記載しますが、日本人からのメッセージがたくさん来ますが、それらに返信せずすべて削除でOKです。

利用者について

このアプリは、「語学」アプリではないので、当然出会い目的の方が多いです。

暇つぶしでチャットでの会話を楽しもうと思っている人がほとんどで、
中には語学勉強のために(わたしのように)利用している人もいると思いますが、
多くの利用者は男性であり、特に日本人からの手紙のほとんどは出会い目的、ここでは記載できないような変態メールが多いです。


残念ですが、勉強のため一時だけだからと割り切り、日本人からのこの手のメッセージは「申告する」か、
ひたすら「削除」するか。で対応していました。

どこの誰かわからない外国の方と、一時のお話ができるのはとても魅力的で勉強になるので
ずっと利用していきたいのですが、こういうメッセージが不快すぎて継続できない理由になっています。

会話したい時だけインストールして、会話が終わったらアンインストール。

これがわたしの使い方です。

受信できるメッセージも「海外から」が選べれば良いのですが、とても面白いアプリだけに、これが一番残念な点だと思います。

手紙(チャット)のやり取り内容

はじめてドキドキ郵便箱を知って利用してから、何度もインストール→アンインストールを繰り返して利用しています。
そんな中から昨年のチャットのやり取り、会話の途中一部を掲載してみます。(ちょっと恥ずかしいですが)

このころはskypeでのレッスンもしており、韓国語もだいぶ慣れて辞書も必要ないくらいでチャットできている状態です。(実際はアプリ内で翻訳もしてくれるので、韓国語ができなくても大丈夫です。)

最初の手紙は、わたしが出した「안녕하세요. 저는 한국어를 공부하고 있는 일본 사람이에요.(こんにちは。わたしは韓国語を勉強している日本人です)」です。

それが韓国人の利用者(男性)に届いて返信が来て会話をするに至っています。
内容は、コロナだから旅行はできないかな?マスクはしっかりしてね。などというとりとめない会話ですね。

チャット内容画像1

何度かわたしが利用してやりとりした相手は、すべてが男性でした(笑)

メッセージの最初に「韓国語の勉強中です」と書くことにしているので、好意的に話を聞いてくれたり、間違っている部分を添削してくれたりと、良い方ばかりなのが印象的でした

特にとても印象に残っているのが、初めて出した手紙からの返信相手が、英語の通訳の仕事をしている韓国人の方だった事!

語学を勉強しているわたしの、韓国への想いに丁寧に返事をくださって、
添削してくれたり韓国のオススメを教えてくれたり。

留学せずに英語の通訳までになった勉強のコツを聞いたりと、真面目な人柄がわかるメッセージでしばらくやりとりした良い思い出です。


メッセージをやり取りしていると、たまに、「カカオトークで話しませんか?」と言われることがあります。

わたしはカカオトークはやっていないこともあり、丁重にお断りしていたのですが、
自分でルールをしっかり決めて、個人情報は渡さないことはもちろん、ここでだけしか話さないなど、自分を守ってアプリを楽しむようにしてくださいね。

安心なシステム

ドキドキ郵便箱でとてもいいなと思うシステムがあります。
それは、

自分がメッセージ(チャット)に返信しなければ、相手からの新たなメッセージ(チャット)が来ない

という点。
相手はあくまでも、返信されたメッセージ(チャット)のみに返信できるため、
この人嫌だな。しつこいな。もう会話を終わりにしたいな。
と思ったら、返信しなければ同じ相手から催促のメッセージや、新たなメッセージが来ることがないのです。

これは、わたしにとっては、「とても良いな。」「安心だな。」という点です。
でも逆をいえば、自分が楽しく会話していても相手から返事が来なければそれで二度と会話ができなくなるわけです。

でも、そういう「一期一会」のような部分がこのアプリの良い面であり、わたし個人の意見としては後腐れなく使いやすい点でもあるように感じています。

まとめ「ドキドキ郵便局は楽しい!」

一部、いや大部分になってしまうのでしょうか、 受信する手紙は嬉しくない内容も多いのですが(残念)、こちらから出すメッセージに返信をくれる方は、好意的で優しいメッセージで答えてくれます。

中には、日本に行く予定があり、良いお店を教えて。というように相互にとって良い話し相手が見つかることもあります。

韓国のどこの誰だか分からない相手と(もしかしたら芸能人の可能性だって無きにしも非ず…。)
韓国語の勉強をしながらつかの間の会話を楽しむ。
アプリの名前通り、どんな相手から返信がくるのか?待つ間はドキドキです。

韓国語勉強初心者の方も、

いつもと違うちょっと変わった勉強をしたい方にも、

「ドキドキ郵便箱」はおすすめのアプリです。

問題点もあるのですが、わたしのように割り切って、また、短い時間で利用すればストレス少なく楽しめるかな?と思います。

一度はためしてみて良いアプリだと思います!

◎しっかり「勉強」という形式でチャットを利用したいならtandemがおすすめです。

チャットで韓国語勉強 【tandemは勉強になる?】会話練習の前に私が使った体験談

◎チャットに慣れて会話練習がしたくなったら、skypeでの会話練習がおすすめです!

\会話の勉強はskypeを利用しています/

オンライン韓国語レッスン【Kアカデミー3年目の体験談】skypeで楽しく会話






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。